カリビアンカジノの違法性は?

カリビアンカジノの違法性は? カリビアンカジノ ライセンス

違法行為では?

 

カリビアンカジノ(CaribbeanCasino)等オンラインカジノの違法性ってどうなのでしょうか?

これから登録をしようとしている方にとって、違法なのか合法なのかは気になるところだと思います。

結論からになりますが、今現在はオンラインカジノは違法でも合法でもなくグレーだと言えます。

その理由をご説明しますね。

▼登録は2分で完了!Caribbean CASINO公式サイトを見てみる▼

パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら

 

カリビアンカジノは合法でもなく違法でもない

カリビアンカジノの違法性は?

なぜカリビアンカジノなどのオンラインカジノはグレーなのかですが、それは賭博罪の成立にあります。

日本の賭博罪が成立するには、対向犯と言って必ず相手が必要になるんですね。

賭博をした人が日本国内にいるだけではだめで、賭博を提供した胴元も存在しないと賭博罪は成立しないのです。

 

オンラインカジノを運営している会社は海外の会社で、しかもライセンスを取得して合法的に運営されています。

そのような海外の合法的に運営されている会社を逮捕できるか?となると、もちろん過去に判例もなく非常に難しいです。

 

対向犯が成り立たないのに、一方的に国内のプレイヤーだけ逮捕をしてもいいのか?という観点から、日本ではCaribbeanCasinoなどのオンラインカジノはグレーなんですね。

つまり今のようなインターネットを介して賭博をすることについて、日本には適切な法律がないんですね。

実際に今日本で遊べる以下大手オンラインカジノでも、逮捕者は一人もでていません。

  • ベラジョンカジノ
  • クイーンカジノ
  • カジ旅
  • パイザカジノ
  • ウィリアムヒルカジノ
  • カリビアンカジノ

 

もちろん今後IR法案の流れによっては、オンラインカジノが違法として扱えるようになる可能性もあります。

ただ多くの場合そのようなことはおそらくないと言われています。

▼登録は2分で完了!Caribbean CASINO公式サイトを見てみる▼

パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら

 

仮に賭博法が変わっても、オンラインカジノは残ると予想

カリビアンカジノの違法性は?

ここからは管理人の予想になってしまうのですが、恐らく今後カジノ法案が進んでいく中でオンラインカジノについても何かしらの議論がされると思います。

でも何も最初から「違法にすべき!」というような単純な議論ではなく、どうすれば日本の税収につながるか?と言う視点で話がされるはずです。

日本政府はギャンブル依存症患者を無くすために賭博を禁止したい、ということはなく、どうすれば税収が増えるかのアイデアを練りたいんですね(^^;)

 

日本政府にとってオンラインカジノには大きく2つのメリットがあります。

①税収アップに使える

日本がオンラインカジノへのライセンス供与国になり、オンラインカジノの収入の数%を税金で受け取る→税収アップ。

②国内のカジノ市場を拡大できる

オンラインカジノを何かしらの方法で合法化(若しくは黙認)することで、国内のカジノユーザー数を増やす→やがてランドカジノの顧客増に繋がり税収がアップ。

 

管理人のような素人が考えただけでもこれだけのメリットが日本政府にはあります。

おそらくオンラインカジノを禁止するという流れではなく、海外の合法化している国の法律を参考にどうすれば税収に繋げられるかを考えてくるのではないでしょうか。

 

だからCaribbeanCasinoをプレイしていても、グレーでもなく黒でもなく完全に「白」で何もお咎めがない時代が来るかもしれませんねw

▼登録は2分で完了!Caribbean CASINO公式サイトを見てみる▼

パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今現在日本にはオンラインカジノを罰する適切な法律がないので、いきなり逮捕されて有罪に追い込まれる可能性は極めて低いです。

ただしだからと言って大手を振って友達とかと集まってオンラインカジノをプレイしていいわけではありません。

あなたの家に集まった=あなたが胴元という認識をされ、ある日突然逮捕されることだってあり得ます。

あくまでオンラインカジノはグレー。

一人でこそっとプレイするのがマナーになります。

▼登録は2分で完了!Caribbean CASINO公式サイトを見てみる▼

パソコンでの登録方法はこちら
スマホでの登録方法はこちら

コメント